介護について
ホーム >  介護について >  福祉用具・住宅改修の利用手順

福祉用具・住宅改修の利用手順

レンタル(貸与)サービスの場合

介護保険の対象となるレンタル(貸与)福祉用具13種目

  • 車いす
  • 車いす付属品
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品
  • 床ずれ予防用具
  • 体位変換器
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助杖
  • 認知症高齢者徘徊感知機器
  • 移動用リフト(つり具の部分を除く)
  • 自動排泄処理装置

※ご利用者さまの負担割合が変更になる場合は、「ご利用者負担額」(請求額)も変更されます。

購入サービスの場合

介護保険の対象となる購入福祉用具5種目

  • 腰掛便座
  • 特殊尿器
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

※ご利用者さまの負担割合が変更になる場合は、「ご利用者負担額」(請求額)も変更されます。

購入サービスの場合

介護保険の対象となる居宅介助住宅改修等の支給に関わる住宅改修6種類

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取り替え
  • 洋式便器等への便器の取り替え
  • その他、上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

※ご利用者さまの負担割合が変更になる場合は、「ご利用者負担額」(請求額)も変更されます。